ウェブマガジン『GOKUI』は編集長渡辺の完全なる趣味サイトであり、薬剤師としての本質を追求する為に立ち上げた医療福祉支援事業や、DIYでコツコツ仕上げていくミニやドゥカティを含めたクラシカルな乗り物たちの話題を、書きたいことを書きたいように書きたいだけ書いています

薬剤師ボランティア

みの薬剤師ボランティアグループ 学校薬剤師としての初仕事

今年度、薬剤師ボランティアグループ活動の一環として「学校薬剤師」を引き受けることになった僕ですが、

新型コロナウイルスによる休校措置もあり、担当する学校から何の連絡もないまま5月を迎えていました。

学校薬剤師一年目なので、この時期まで連絡が無い状態が普通のことなのか、それともコロナの影響で学校側がバタバタしていて連絡したくても出来ない状態なのか…

そんなことを考えつつも、僕としてはとりあえず待つしかないと思っていたのですが、今日になり突然担当の養護教諭さんから職場に連絡が入りました。

連絡が入ったのがちょうど緊急事態宣言が解除されそうなタイミングだったので、「そろそろ今年度の活動の打ち合わせをやりましょうか?」といった連絡かと思って電話口に出たのですが、

ところがどっこい、

「休校が開けるにあたりガイドラインを作成しましたので、ご指導よろしくお願いします」

「アドバイスが頂きたいので、いくつか質問していいですか?」

…といった内容でした。

僕としてはまだ学校薬剤師として1年目。右も左も解らない状態で、他の先生方に色々お聞きしながらボチボチ取り組んでいけばいいかと気楽に構えていたので、

ボクシングでいえば、ウォーミングアップの途中に真剣なパンチをくらったような、何というか不意を突かれたような…そんな感じでした。

もちろん質問された内容的には、今の知識で十分対応できるものだったので色々とアドバイスができて面目は保った訳ですが、学校側は児童生徒の安全に関わることなのですごく真剣で、学校薬剤師として僕の自覚が足りていなかったことに反省するばかりです。

ただ僕を薬学のプロとして見てくれていることもヒシヒシと伝わってきたので、責任の重さを感じたことで僕のやる気スイッチが入ったのも事実。

さっそく以前軽く目を通しただけの「新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(日本環境感染学会)」等を読み直しています。

-薬剤師ボランティア

Copyright© GOKUI , 2020 All Rights Reserved.