ウェブマガジン『GOKUI』は、DIYの考え方を基本にした「創造的活動の楽しさ」や「モノを大切に使い続ける奥深さ」を、自動車DIY生活、薬剤師ボランティア活動、独学ワードプレスによるブログ制作、独学アニメーション動画制作、ミニマリスト的な生活スタイルなど、様々な視点から発信しています

自動車 DIY 生活

プジョー・ベベ【トヨタ博物館】

今回は愛知県長久手市のトヨタ博物館に展示されていたプジョー・ベベを紹介します。

プジョーの歴史と実績

プジョーはフランスの自動車メーカーで、世界最古の量産自動車メーカーのひとつとして知られています。

元々は農家だったプジョー家は、「ジャン=ピエール・プジョー」により工業に転身し、その後「アルマン・プジョー」により自動車製造を手掛けることになります。

1889年には蒸気を動力とした三輪車を制作し、パリ万博博覧会で披露していました。

蒸気を動力とした自動車はすぐに諦めましたが、ガソリンエンジンにシフトし、翌1890年にダイムラー製のガソリンエンジンを搭載したType2を製造を開始し、1895年までに100台以上の自動車を製造しています。

プジョーはその後も様々なタイプの自動車を製造し、1900年頃には2人乗りから12人乗りまでの15種類にも及ぶモデルがカタログに掲載され、年間生産台数は500台規模にも上っていました。

1929年には「201」を発表。これは3桁の数字の真ん中に0(ゼロ)が入った初めてのモデルでした。「201」はその後世界初の前輪独立懸架式のサスペンションを採用しています。

1948年にはボディとフレームが一体化したモノコック構造を採用した「203」を発表。軽量合金の特徴的な4気筒エンジンなどで人気となり、50万台以上生産されました。

1958年には量産型ディーゼルエンジンを搭載した「403」を発表。世界初の自動制御クーリングファンが採用されました。

1960年に発表した「404」は、有名デザイナーのピニンファリーナにより手掛けられ、それまでとは全く異なる流線形デザインで人々を驚かせました。

1969年に発表した504は、プジョー史上もっとも長期に渡って販売されたモデルで、2006年までの37年間で約370万台もの車両が製造されました。

1974年には同じフランスの自動車メーカーであるシトロエンと合併。
PSA・プジョーシトロエンとして現在に至っています。

プジョー ベベとは

初代プジョー・べべ(Type69)は1904年に登場した小型の大衆車。そしてこちらのベベは、Type69の意思を受け継ぎ1912年に登場したType BP1と呼ばれる二代目モデルです。

デザインを担当したのは「エットレ・アルコ・イジドロ・ブガッティ」。ご存じフランスの自動車メーカー「ブガッティ」の創業者です。

全長は2.5mしかない二人乗り。

重量は405kg。フロントには水冷直列4気筒T-頭型855ccエンジンが収められています。

フロントウインドウ下部に「BEBE PEUGEOT」の文字を発見!

当初2速だったギアボックスは後に3速にグレードアップされました。

トヨタ博物館の車体には革や木がふんだんに使われ、とてもオシャレに仕上がっています。

もちろんこの車にもライオンマークが刻まれていました。

プジョー ベベのyoutube動画

個人的にプジョー=青色のイメージ。
そんな青色のベベを見つけました。

-自動車 DIY 生活

Copyright© GOKUI , 2020 All Rights Reserved.