Mini

ローバーミニ1000 エンジンブロック内とヒーターホースの水路洗浄

89年式ローバーミニ 30th 1000

現在オーバーヒート対策真っ只中の、我が愛車『89年式ローバーミニ 30th 1000』

今日はエンジンブロック、ヒーターコア、ヒーターホース内部をサンポール及びサビ取り剤で徹底的に洗浄していきます。

ローバーミニ1000 ヒーターバルブ

まずはヒーターホースを洗浄します。

エンジンとヒーターコアの間に付いているヒーターバルブを取り外し、

ヒーターバルブ自体は一度分解してオーバーホールします。

僕のミニはヒーターバルブがエンジンルーム内にあったので簡単でした。

ローバーミニ1000 ヒーターホース洗浄

ヒーターバルブを取り外したところからヒータコアに繋がっているホースです。

まずはブラシを突っ込んでゴシゴシしておき、その後サンポール水を流しこみました。

ヒーターコアの洗浄効率を上げるには、出口側から逆流させた方が良いとは思ったのですが、

手持ちの道具では物理的に難しそうだったので諦めました。

ローバーミニ1000 ヒーターホース サンポール洗浄

エンジンからヒーターバルブまでのホースは簡単に取り外せたので、

濃い目のサンポールでつけ置き洗いしました。

多少ゴムにストレスがかかる可能性はありますが、気にせず進めます。

ローバーミニ1000 ヒーターコア

室内のヒーターコア出入口です。

ヒーターコアに漏れ等は全く見られないし、暖房も良く効くのですが、

何せ30年物なので、内部のサビや汚れで機能が落ちている可能性はあります。

サンポールで洗浄したものの、どうしても気になったので、

ヒーターコアは新品に交換することにしました。

ローバーミニ1000 サンポール洗浄 エンジンブロック

次にエンジンブロック内もサンポール水で洗浄します。

ラジエターのアッパーホースからサンポール水を入れ、ロアホースから抜けるように流しました。

ローバーミニ1000 サンポール洗浄 エンジンブロック

お風呂の残り湯を洗濯機に汲み上げる電動ポンプを使い、2時間程循環させました。

ローバーミニ1000 サンポール洗浄 エンジンブロック

仕上げは、中和の意味も込めて「タンクサビ取りクリーナー」でつけ置き洗浄します。

「花咲かGタンククリーナー」が有名ですが、僕はモノタロウに。

何か昔話みたいですが...

ローバーミニ1000 サンポール洗浄 エンジンブロック

ロアホースを閉じておき、エンジンブロック内をクリーナーで満たし丸1日待ちました。

翌日クリーナーを抜き取るとこのように真っ黒な液体が...

ローバーミニ1000 サンポール洗浄 エンジンブロック

最後に流水で徹底的にすすぎ洗いをして終了です。

-Mini

Copyright© GOKUI PROJECTS , 2021 All Rights Reserved.