ウェブマガジン『GOKUI』は、DIYの考え方を基本にした「創造的活動の楽しさ」や「モノを大切に使い続ける奥深さ」を、自動車DIY生活、薬剤師ボランティア活動、独学ワードプレスによるブログ制作、独学アニメーション動画制作、ミニマリスト的な生活スタイルなど、様々な視点から発信しています

milestone vehicle 情報

本日は建設中のゲストハウスにキッチンを搬入しています【午前編】

2019年11月3日

岐阜県美濃市のMilestone Vehicleは、クルマ&バイク好き向けのDIYサポートショップです。

僕らのモットーは「何でも自分たちで作り上げること」

一つ一つの作業にこだわりを持ち、自分たちで出来ることは自分たちの手で、自分たちの手に負えないことは仲間の協力を得て、日々楽しみながら作業を進めています。

Milestone Vehicle 敷地内では現在、『事務所兼車庫』『車両展示スペース』『ゲストハウス』を整備していますが、

本日午前中は、倉庫内に保管してある「ステンレス製キッチン」をゲストハウスに搬入して仮設置します。

そして午後は、換気扇のダクト配管をしようと思います。

建設中のゲストハウスについては前回の記事で紹介しています

今回搬入するステンレス製キッチンは、以前、とある業者さんから頂いたもの。いつか必ず使う時が来るはず…と、倉庫に保管していたのですが、とにかく大きくて重い。

その結果、あっちに置いては邪魔になり…こっちに置いては邪魔になり…を繰り返していたのですが、

何とか今日まで持ち続け、やっとこのタイミングで陽の目を浴びることになりました。

本日の作業はMilestone Vehicle代表の山中と、ウェブマガジンGOKUI編集長の渡辺が2人で行います。2人が前日交わした言葉は…


渡辺「明日は10時半までしか時間取れないから、朝早くても全然OKだよ」
山中「では7時半集合で」

朝早くても全然平気な僕ら2人。素晴らしいチームワーク?です。

早速作業開始。まずは倉庫の奥の方に眠っているキッチンを外まで運び出します。

そこからゲストハウスまでは20mほどの短い距離ではありますが、一旦軽トラの荷台に乗せ移動させます。
人力でも運べなくはないですが、このあたりは体力を温存する(楽をする)ためです(^^)

軽トラの荷台からゲストハウス内への搬入は力業ですが、所定の位置に持ってきたタイミングで、渡辺がある異変に気付きます。

渡辺「この壁から出ているガス管なんだけど、もしかして少し上にズレてないかな?」
山中「まじか…」

何とガス屋さんの手違いで、壁から出ているガス管が本来の位置から上に3cmほどズレていて、ガス台の穴と合わなかったのです。

…とはいえ、この程度のトラブルは想定内。
壁を剥がして確認してみると、配管に若干余裕があることが分かったので、位置を少し調整するだけて済みました。

少し手間取ったものの、あっという間に土台部分の設置が完了です。

窓や配管の位置関係も予定通り。

朝早く7時半から作業を始めた僕らですが、渡辺が10時半までしか作業が出来ないため先を急ぎます。

少しだけ休憩を挟み、ここから換気扇の設置までは一気に作業を進めます。

まずは手際よく背面版を取り付けておき、

その上に重い換気扇を一気に持ち上げながら固定していきます。

まだ仮固定の段階ですが、こうして眺めてみると堂々とした雰囲気が漂っています。

これで午前中予定していた作業は終了です。
大きなトラブルもなく、予定時間を大幅に下回る2時間ほどで済ますことができました。

午後からは換気扇のダクトを配管しますが、ここから先は山中が単独で作業を続けることになります。

次回記事「本日は建設中のゲストハウスにキッチンを搬入しています【午後編】」に続く

-milestone vehicle 情報

Copyright© GOKUI , 2019 All Rights Reserved.