ウェブマガジン『GOKUI』は編集長の完全なる趣味サイトであり、薬剤師としての知見やボランティア活動、趣味のレトロな乗り物や、その延長で始めたお店『Garage Milestone(ガレージ・マイルストーン)』の話題など、書きたいことを書きたいように書きたいだけ書いています

Garage Milestone

本日はガレージ床の塗り替えをしています(スカイブルー塗装編)

2020年4月4日

Garage Milestone(ガレージ・マイルストーン)は、岐阜県美濃市のマルチユーススペース『Quatloop』に店舗を構える、レトロな乗り物とオシャレ雑貨を取り扱うガレージ型ショップです。

僕らのモットーは「何でも自分たちで作り上げること」。そして、一つ一つの作業にはこだわりを持ち、自分たちで出来ることは自分たちの手で、自分たちの手に負えないことは仲間の協力を得て、日々楽しみながら作業を進めています。

本日もガレージ床の塗り替え作業の「続き」です。

今回は中央部を青色に塗装します。

軽く掃除をしてゴミを取り除いた後にマスキング、まずはプライマーを塗ります。

使用するプライマーは 、今回も2液型のアトム#800プライマーです。

速乾性なので2~3時間のインターバルで上塗りが出来る優れもの。

青色の塗料は、 アトム#5000フロアトップ のスカイブルーを選択。

同じ「青」でも、塗料によって若干違いがあります。

果たして思い通りの青になるのでしょうか?

グレーは原液のまま塗りましたが、スカイブルーはグレーよりもドロドロしていて、そのまま塗るのは無理でした。

気温や湿度の問題か。それとも塗料自体の問題か。
いずれにしろシンナーで30%ほど希釈し、2回に分けて塗ることにしました。

上の写真は1回目(下塗り)を終えたところです。
若干ムラはありますが、下塗りとしては十分でしょう。

2度塗りに変更したため、2時間ほどのインターバルが発生。
先日手に入れた一枚板を磨くことにしました。

木材は硬質材として有名なブビンガ。
硬くて重いブビンガは、少し移動させるだけでもめちゃくちゃ大変です。

軽く削っただけで、ブビンガらしいきれいな赤褐色の表皮が現れました。
節目模様によって価値が変わるそうですが、これはなかなか良い模様が出ているそうです。

まだ粗削りの状態ですが、グラスを置いて雰囲気を出してみました。
中身はお茶です!

そうこうしているうちに2時間半ほど経過したので、2回目(上塗り)に着手します。

グレー塗装も含めるとこれで3回目になるので、手慣れた感じで塗り上げることができました。

もうこれで十分!っていうくらい素晴らしいガレージに生まれ変わりましたが、あとワイトのラインを引いたら完成です。

こちらが完成イメージ。

次回はグレーとブルーの境目にホワイトのラインを引きます。

-Garage Milestone

Copyright© GOKUI , 2020 All Rights Reserved.