ウェブマガジン『GOKUI』は、DIYの考え方を基本にした「創造的活動の楽しさ」や「モノを大切に使い続ける奥深さ」を、自動車DIY生活、薬剤師ボランティア活動、独学ワードプレスによるブログ制作、独学アニメーション動画制作、ミニマリスト的な生活スタイルなど、様々な視点から発信しています

milestone vehicle 情報

本日は車両展示スペースを作るための事前準備をしています

2019年10月23日

車両展示スペース、そして木材に込められた思い

岐阜県美濃市のMilestone Vehicleはクルマ&バイク好き向けのDIYサポートショップです。

台数は少ないもののDIYで楽しめそうな少し古めのクルマやバイクの販売もしていますが、現状車両を置いておく車庫は確保してあるものの、お客さまに見て頂けるようなしっかりとした展示スペースはありません。

そうした現状を打破するため、今回重い腰を上げて 車両展示スペースを作ることになりましたので、今回から何度かに分けて紹介していきたいと思います。

車両展示スペースは、2柱リフトを備えたメインガレージのとなり、このガレージ(下の写真)の軒下を使う予定なんですが、

実はこのガレージ、何を隠そうMilestone Vehicle代表の山中がDIYでコツコツと建築したものなんです。

建設を始めた当初を少し古めの写真になりますが紹介します。
骨組みだけの状態が懐かしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏は暑く冬は寒いと有名な岐阜県美濃市。
気温が40℃を超える夏も、雪が降り積もる寒い冬も乗り越えて今があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうした時期を乗り越えてこれたのは、代表山中の視線の先に「途方もない大きな夢」があるからに違いありません(^^)

話を戻しまして...

実は現在ガレージの軒先には大きな木材が横たわっていて、車両展示を難しくしている訳ですが、

この木材も元々は山中がDIYで解体した母屋の骨組みなんです。

DIYで母屋を解体していた頃の写真も、古い写真で紹介しましょう。
屋根から瓦を降ろして処分するだけでも大変な作業でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横たわっている木材は長さが6mもありますが、今後僕たちが活動を広げていけば自然と手狭になってくることも容易に想像できるので、

いつか必ず役に立つ時がやってくるはず… との思いで、しばらくは残しておきたいと思っています。

ただ、これを退けなければ車両展示スペースが確保できないというジレンマ。

さてどうするかということなんですが…

色々考えたものの、結局土地が余っている田舎ならではの力業で解決するしか方法しか思いつかず、とりあえず渡辺家のガレージに移動させることにします。

渡辺家のガレージは、山中家からは7.2km、時間にして10分強の道のりなので、大きくて重い木材を運ぶにはそれなりに準備が必要です。

じっくり作戦を練って進めて行こうと思います。

(追記)

木材の運搬は来週、岐阜県関市で音楽創庫を運営する波多野石材の波多野先生にご協力頂き作業することが決定しました。

台風が過ぎ去り爽やかな秋空での作業となることを祈りつつ、体調を整え当日を迎えたいと思います。

-milestone vehicle 情報

Copyright© GOKUI , 2020 All Rights Reserved.