ウェブマガジン『GOKUI』は、DIYの考え方を基本にした「創造的活動の楽しさ」や「モノを大切に使い続ける奥深さ」を、自動車DIY生活、薬剤師ボランティア活動、独学ワードプレスによるブログ制作、独学アニメーション動画制作、ミニマリスト的な生活スタイルなど、様々な視点から発信しています

自動車 DIY 生活

三菱A型(ミツビシA型)【三菱オートギャラリー岡崎】

今回は愛知県岡崎市の三菱オートギャラリー岡崎に展示されていた三菱A型(ミツビシA型)を紹介します。

三菱自動車の歴史と実績

三菱自動車は1970年に三菱重工業から独立して誕生した日本の自動車メーカーです。

日本の自動車メーカーとしては一番古くから自動車を生産しており、1917年に制作が始まった「三菱A型」は日本初の量産乗用車でした。

1946年にはオート三輪型ピックアップトラック「みずしま号」を製造、1952年からは警察予備隊(現陸上自衛隊)のために四輪駆動車「三菱ジープ」をノックダウン形式で製造していました。

1960年からは「三菱500」「三菱コルト600」で小型車市場に参入。エンジンはリアに搭載し、ボディやサスペンションに当時最先端の技術を導入しながらも、39万円という低価格で販売されました。

1970年代は「コルトギャラン」「ランサー」「ギャランΣ」「ミラージュ」等の乗用車が、1980年代からは「パジェロ」「デリカ」等の四輪駆動車やミニバン「フォルテ」が発売されました。

1980年代後半からはモータスポーツでの活躍が目立つようになります。
特にパリダカ(パリ・ダカールラリー、現在のダカール・ラリー)でのパジェロ、WRC(世界ラリー選手権)でのランサーの活躍は目覚ましいものでした。

近年では、2009年には世界初の量産型電気自動車「アイミーブ」(年産1千台を超える量産)を生産するなど、日本の自動車産業のパイオニアとしての歴史と実績を更に積み重ねています。

三菱A型(ミツビシA型)

三菱A型は日本初の量産車として誕生した歴史的な車です。

当時の日本は自動車後進国でしたが、1917年に陸軍が三菱に依頼したことがきっかけとなり乗用車の生産計画が立ち上がり、1919年の「三菱A型」誕生に繋がります。

A型はフィアットA3 -3に基づくライセンス製品として製造されており、七人乗り箱型又は幌型、車軸間距離九尺、左右車軸間距離四尺八分、重量二,九〇〇封度(ポンド)でした。

展示車の傍にある説明ボードには、残されてた資料の写しも展示してありました。

このような経緯で販売されたA型でしたが、他の輸入乗用車に比べて人気が出なかったことから、総生産台数は試作車を合わせても30台にとどまりました。

実際に一般販売されたのはたった22台なのだとか。

そのような理由から、当時生産された車体は現存しないと言われています。

ここに展示してあるこの車両も実はレプリカモデルですが、引き締まった赤黒塗装に金色のグリルやライトが映え、独特の存在感を放っていました。

レプリカとはいえ、三菱の歴史の奥深さを感じずにはいられません。

三菱A型(ミツビシA型)のyoutube動画

三菱自動車の米国法人がWest Coast Customs社と協力して製造した三菱A型のリメイクモデルで、その名も「 Mitsubishi Re-Model A 」の映像。車体はアウトランダーPHEVを使用しているため、プラグインハイブリッド+4輪駆動です。

A型をPHEVで復活させようとした心意気に乾杯!


2013年のお台場モーターフェスにおける三菱A型(もちろんレプリカですが…)の走行映像を投稿されている方がいらっしゃいました。ありがとうございます。

※三菱A型は最後の方(5分20秒あたりで登場)

-自動車 DIY 生活

Copyright© GOKUI , 2019 All Rights Reserved.