ウェブマガジン『GOKUI』は編集長渡辺の完全なる趣味サイトであり、薬剤師としての本質を追求する為に立ち上げた医療福祉支援事業や、DIYでコツコツ仕上げていくミニやドゥカティを含めたクラシカルな乗り物たちの話題を、書きたいことを書きたいように書きたいだけ書いています

WordPress

グーグルアドセンス広告に表示されるエラーメッセージ【住所確認(PIN)編】

今回は、グーグルアドセンスに登録した際に表示されてくるエラーメッセージ【住所確認(PIN)】について紹介します。

  • Google Adsense(グーグルアドセンス) を始めて、ある程度報酬が発生してくると、Googleから郵送でPINという個人識別番号が届きます。
  • PINによる住所確認をしないと広告が停止されてしまいます。

WEB MAGAZINE「GOKUI」では、運用を開始して約3か月が経過し徐々にサイトの内容が充実してきたため、サイト内への広告設置を進めています。

広告を設置するサービスは色々ありますが、まずはGoogleが提供しているコンテンツ連動型広告配信サービスである「Google Adsense(グーグルアドセンス)」から始めることにしました。

理由は、アドセンス広告では誰もが知っているほどメジャーな存在で情報が多いことと、付随する関連サービスや分析手法等も充実しているため、ウェブマーケティングの視点からもとても興味を持ったからです。

僕のウェブマガジン「GOKUI」は趣味色が強いサイトなので、アフィリエイト広告による収入はまず見込めませんが、アドセンス広告ならサーバー代くらい(月1000円程度)は稼いでくれるかもしれません。

淡い期待を抱きつつ、グーグルアカウントを取得しグーグルアドセンスにも利用登録をしましたが、しばらくするとグーグルアドセンスのホーム画面に 【 住所確認(PIN)】 というエラーメッセージが届いていることに気づきました。

今回はそのエラーメッセージ【 住所確認(PIN)】について紹介したいと思います。

住所確認(PIN)とは

表示されたエラーメッセージは上の画像の通りです。

ピンク色の枠内には、

「住所確認(PIN)の手続きが終わっていないため、広告ユニットに広告が掲載されません」

とメッセージが表示されています。

そしてその下部にはタスクとして、

「2020年〇月〇日にPINを郵送でお送りしました。通常2~4週間でお手元に届きます。届いたPINを入力し、住所の確認手続きを行ってください」

と書いてあります。

このようなエラーメッセージが出るとドキッとしてしまいますが、調べてみるとある程度報酬が発生した時点で、Google側からこのようなアクションが起こされるようです。

PINという個人識別番号なるものが郵送で届くそうなので、しばらく待とうと思います。

住所確認(PIN)の手続き方法

【 住所確認(PIN)】のエラーメッセージに気づいてから10日ほど経った頃、Googleから郵便物が届きました。

開封してみると、左に操作方法、右にPINが記載されています。

PIN(個人識別番号)は6桁の数字でした。

早速 Google Adsense(グーグルアドセンス)のホーム画面から手続きをしてみようと思います。

画面下部のタスク(請求先住所の確認)にある「確認」ボタンをクリックします。

PINコード入力画面が出てきましたので、郵便物に記載してあった6桁の数字を入力して、「送信」ボタンを押します。

上手くいったようです。

-WordPress

Copyright© GOKUI , 2020 All Rights Reserved.